「歯科矯正」が人生に与える影響

8歳になる私の娘は、近所の矯正歯科にて、現在「歯科矯正」治療を受けています。矯正治療を受けるきっかけとなったのは、乳幼児の頃の歯科検診のときに、歯科医師などから、「顎が小さいため、歯並びが良くない可能性が十分にある」という指摘をいつも受けていたことによります。実際、娘の歯は、乳歯の段階から既に歯と歯が折り重なっている状況が見られ、大きくなってくるに従い、乳歯よりも大きな永久歯が、乳歯の後ろから生えてきたり、斜めに生えてきたりしていました。


一方、「歯科矯正」という言葉を聞くと、私個人としては、健康保険が適用されない「とても高価」な治療であるというしか知識はありません。安い自動車なら新車が1台買えるくらいの金額は、我が家にとっては最も高額な買い物のひとつです。しかし、親として、この状況をどうしようかと考えると、やはり女の子であることや、その後の娘の人生を思うと、かかるお金のことは「とりあえず横に置いておこう」と思い、本人のヤル気を確認した上で、治療を行うことを決めました。


娘が行うことになった「歯科矯正」の治療方法は2段階になっています。1段階目としては、顎が小さい娘の場合、顎を広げて永久歯が生えてくる環境を整える必要があり、ワイヤーを使って顎を徐々に広げる治療を行います。これは永久歯が全部生え揃うまで行います。歯科医師によると中学生頃までかかる場合もあるそうです。そして2段階目は、生え揃った永久歯を別のワイヤーを使って歯並びを矯正します。これにより、キレイな歯並びが誕生するのです。とにかく始まったばかりでこの先長い道のりですが、娘には是非キレイな歯並びを獲得してほしいです。